「子供が可愛いと思えない…」つらい”産後うつ”を乗り越えるアロマテラピーのススメ

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

9942a5e9e28c68cd1019bbbd471b28c6_s

「子供が可愛いと思えない」「泣き声に気が狂いそう」「いっそのこと死んでしまいたい」「私は母親失格」「ただ辛い…」出産後に、そんな憂鬱な気持ちを抱えていませんか? それは、”産後うつ”かもしれません。

どうして”産後うつ”って起こるの?

いわゆる”うつ病”が産後に起こるのが”産後うつ”です。女性は、ホルモンの激動期が一生のうちに2回起こると言われており、それが「産後」と「更年期」なのです。もちろん毎月の月経前症候群など、女性であれば通常ホルモンが乱れる期間はありますが、この「産後」「更年期」に関しては、更に大きくホルモンが乱れるので自律神経系に影響を及ぼし、情緒不安定になりうつの症状が起きやすいのです。

主な症状は「涙があふれる」「不眠」「食欲低下」

”産後うつ”になりやすいのは出産後3日〜3ヶ月といわれています。4人に1人は経験する「マタニティーブルー」も産後3日から、胎盤を排出したことによるホルモンの乱れに心身が追いつかず、憂鬱になってしまう状態です。それに加え、育児へのプレッシャーであったり環境の影響で抑うつ状態が続いてしまい、”産後うつ”へと移行してしまう場合があるのです。主な症状は「涙があふれる」「不眠」「食欲低下」などで、ひどい場合だと「無気力」になり育児に悪影響が出ます。

アロマテラピーをうまく使って”産後うつ”を乗り切る!

アロマ…植物の”精油”の香りを使うことで、産後に起こる憂鬱な気分を和らげることができます。マッサージなどする場合は、ジャスミンやユーカリなど産後は使用してはいけない精油などもあり、ある程度の知識が必要になるのですが基本的に芳香浴であれば問題ありません。まずは気楽に取り入れられる芳香浴から試してみてはいかがでしょうか?

”産後うつ”にオススメの精油

9bdcc420900b07da3e7d0c8e537f06c8_s

ラベンダー、ベルガモット、オレンジ、プチグレン、ネロリ、イランイラン、ローズウッド、フランキンセンス、パルマローザ、ゼラニウム、サイプレス、ローズなど

精油をティッシュに数滴垂らしたり、お湯を張ったマグカップに垂らしたりするだけで気軽に芳香浴が楽しめます。アロマポットやディヒューザーなどがあれば、部屋に香りを拡散することが出来ますよ。

オススメブレンド

スイート・オレンジ2滴+プチグレン2滴+ネロリ1滴

オレンジから採れる3種の精油ブレンド。さわやかで甘い香りが、産後の憂鬱な気分を和らげてくれます。

フランキンセンス2滴+ゼラニウム2滴+イランイラン1滴

大人の女性らしいやわらかなブレンド。フローラルな甘い香りは、抗うつ効果もありホルモンバランスも整えます。

まとめ

いかがでしたか? 女性であれば経験するかもしれない”産後うつ”。重い症状の場合は、すぐに病院で診療してもらいましょう。アロマテラピーをうまく利用すれば、心身ともに症状が和らいで安心できるかもしれません。