「子供が欲しい…」と思うのに恋すら出来ないアラサー女子の深刻な悩みとは

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

46b4aeb7ad59314ac4216d70f1f7e081_s

アラサー独女。そのほとんどが、結婚したくないわけでもないし、恋がしたくないわけでもないんです。むしろ「アラフォーになる前に、子供が欲しい…」と、友人の子供を見ると溢れる母性を実感する日々。それでも、恋すら出来ないんです。現代のアラサー女子が抱える、深刻な悩みとは…

恋が出来ない…

合コンにも行く。出会いは多くはないけどあるっちゃある。でも、何故か恋が出来ないんです。「好きって感情を抱くことが減った」と多くのアラサー独女は語ります。10代の頃は、20代前半の頃は、あんなに出会う人出会う人にときめきを感じていたのに、年を重ねるごとに自然とストライクゾーンが狭まるからでしょうか。

でも、子供は欲しい!

友人が子供を産んだ。会いに行って、抱かせてもらうと、強く思う「私も子供が欲しい…!」という感情。それを友人に伝えると、「いやいやそれより先に男でしょ」と跳ね返されてしまう。そんなのは、アラサー女子だって承知の事実なんです。でも、恋すら出来ないから困っているんです。一体、子供を生むという夢はいつ叶うのでしょうか…?!

精子バンクをGoogle検索しちゃう

「恋はできない…でも子供は欲しい」と悩んだアラサー独女が行き着くのがこれです。”精子バンクをGoogleで検索”してしまうことです。「もう相手なんていらない! いっそのことシングルマザーでもいい!」という危険な感情です。それくらい、現代はアラサー独女にとって切実な時代なのです。

肉食男子よ…増えてくれ!!

そもそもどうしてシングルでいるアラサー独女がこんなに悩まなくてはいけないのでしょうか? それは世の中に肉食男子が激減しているからでしょう。バブル期なみの肉食男子が増え、シングルの女子達をガンガンにくどけば自然と恋だってできる…はず。(?) 絶食男子や草食男子が増えて「私達のやる気に反して彼らは子孫繁栄に協力する気がないじゃないか?!」と絶望な毎日なのです。

お願いだから、肉食男子が増えて欲しい…。そう、アラサー女子達は切実に願っているのです。

まとめ

いかがでしたか? アラサーにもなって、子供は欲しいけど恋が出来なくて悩んでいるあなた…間違っても精子バンクなんて検索しないように。だったら、せめて婚活に熱を注いで。その努力はいつかきっと報われる…はず!!