太ももダイエットは自転車で細くする!?3つの理由

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

太もも

可愛いミニスカートをはきたいけど、太ももが気になって。。。

そんな女性は多いはず。冬は黒タイツで何とかごまかせるけど、春から夏、秋にかけては暑いし、重たくく見えちゃうし。。。頑張ってエステに行ってもお金はかかるし、本当に効果があるの?と半信半疑。誘われてやってみたランニングも疲れてへとへとになり続かない。。。

そんな太ももダイエットに苦労している女子にオススメなのが、自転車でのダイエットです。

えっ?自転車こいだら逆に足が太くなるんじゃないの?と思われる方。でもじつはそれ、間違った考え方なのです。

では、自転車が太ももダイエットに向いている3つの理由をお伝えしましょう。

1.ほどよい筋肉が付き、足が細くなる。

競輪選手の足が太いのは、短時間で最高のパフォーマンスを出せるよう、高い負荷をかけてものすごいトレーニングをしているからなのです。

筋肉は、短時間に高い負荷をかけてトレーニングすると太くなり、逆にゆっくり時間をかけて負荷をかけるとそれほど太くならず、持久力を保てるようになるという性質があります。同じ足を動かすスポーツでも、競輪選手の足は太いのに、マラソン選手の足はそれほど太くなく、どっちかというとやせ形の人が多いですよね?それは、そうした筋肉の性質によるものなのです。

ですので、自転車太ももダイエットを目指すなら、短時間に坂道を上るようなこぎ方をせず、のんびり1~2時間、景色を見ながらサイクリングする、という方法がオススメです。

そうすると、ほどよく足に筋肉が付くようになります。筋肉が付けば代謝が上がって脂肪を燃焼するようになり、結果的に足が細くなるのです。

そう、女性の太ももが太いのは、筋肉では無くほとんどが脂肪によるものですので、この方法がオススメなのです。20分以上こぎ続ければ、有酸素運動になって脂肪燃焼を促進しますよ。

2.移動距離が長いので飽きない

ランニングの場合、1時間に進める距離は速い人でも10~15kmくらい。一方、自転車はゆっくり走っても時速15~20kmは出るので、移り変わる景色を楽しむことができます。ランニングはまさに自分との戦いでストイックになりがちですが、自転車なら景色を楽しむ余裕がうまれるので、同じ道を走っていても季節の変化などを感じながら楽しむことができます。

毎日同じ道を辛い思いをしながら走るより、変化を楽しみつつ風を感じて走る方が断然続きます。また自転車女子はランニングに比べて少数派なので、男性からの目線もちょっと気持ちよいものがあります。

3.可愛いウェアが意外と多い!

自転車をやっている人って、ピチピチのタイツみたいな格好でダサい、と思うか他も多いと思います。まぁ、それも間違いではないのですが、最近は女性向けのファッショナブルなウエアが増えてきているので、そこまで心配することはありませんよ。アウトドアウェアを組み合わせるのもひとつの手ですね。

おしゃれなサイクルウェア

FLAME

おしゃれなサイクルウェア

FLAME

自転車っていくらくらい?

とはいえ、本格的に自転車を始めようとすると気になるのはやっぱり自転車の価格。ある程度継続的に乗るなら、1~2万円程度のママチャリは役不足。10万円程度のロードバイクやクロスバイクがオススメです。もうちょっとオシャレで可愛い自転車が欲しい、というかたには「ミニベロ」と呼ばれるジャンルで、車輪がちょっと小さめな自転車がオススメ。

http://blogs.c.yimg.jp/

ママチャリと違ってしっかり設計された自転車は、乗ったときの安定感が全然違いますし、ペダリングも断然ラクです。結構おしゃれな自転車も多くありますので、ネットでおしゃれな自転車を売っているお店を検索してみてはいかがでしょうか?

また、お尻とデリケートゾーンの痛みについても悩みのポイント。自分に合ったサドルとインナーパンツを選びましょう。

いかがでしたでしょうか。足が太くなると思われがちな自転車ですが、じつは太ももダイエットに効果的なんです。ちょっと初期投資がかかりますが、その分取り返さなきゃという意識が働き、継続できるかもしれませんね。