「今更聞けない…」ちまたで流行ってる”オーガニック”って、いったい何??

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

2a6c9e256cdf9766412116bbcdd23be0_s

今、ちまたでは”オーガニック”が大流行していますよね。さまざまなことの電子化が進む中で体調を崩す方も多く、「自然に戻る」というマインドを持つ方も多いのではないでしょうか。だから、”オーガニック”は取り入れるべき…なーんて聞いても全然ピンとこないあなた。「今更聞きづらいけど…ぶっちゃけ、”オーガニック”ってなんなの?!」というあなたのために、わかりやすく解説致します。

オーガニックとは

有機栽培,有機農業。また,その農産物。広く,畜産品を含めた生産物をいう場合がある。

出展: コトバンク

もともとオーガニックとは、「無農薬」で出来た野菜や、その農業自体を指す言葉でした。

オーガニックとは〈有機の〉という意味で,通常は農薬や化学肥料を使わず有機肥料によって生産された農産物をいう。アメリカでは1990年に〈有機食品生産法〉が制定され,農薬や化学肥料などの合成化学物質を使用せずに生産され取り扱われた農産物で,過去3年間に合成化学物質を含め禁止物質を使用した耕地で生産された農産物ではないこと,といった厳しい規定がなされている。

出展: コトバンク

最近は他の意味も派生している

ff41ac7e23d5119118cbbde726bec126_s

基本的には農業的な意味合いを持つ「オーガニック」ですが、最近はそこから派生して、さまざまな物事に対して「オーガニック」という言葉が使われるようになっています。

オーガニック(organic)

[形動]
有機体の。「オーガニックコンパウンド(有機化合物)」
化学肥料や農薬を使用しない野菜や、添加物を入れていない食料品などをさす言葉。「オーガニックパスタ」
インターネット上の各種サービスで、有料広告を介さないこと。検索結果で検索連動型広告を含まない部分や、ソーシャルメディアで広告を介さず配信される記事などを指す。「オーガニック検索」「オーガニックリンク」
                           出展: コトバンク

 ふむふむ。なるほど…という感じですね。確かに最近は、生活がナチュラルな人に対して「オーガニックな生活習慣」などと言ったりしますよね。そしてネット上のサービスでも、有料広告を介さないことで「オーガニック」という言葉を使うそうです。

日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会というものがある!!

「オーガニックが大好き♡」というあなた、日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会というものがあるって知っていましたか? 「日々の暮らしをオーガニックで満たしていく」という基本的に自然志向であり、そして温故知新のマインドを持っている素敵な団体です。オーガニックが好きな方であれば、個人でも団体でも会員になれるんですよ。その、日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会(通称:JONA)のオーガニックの定義を見てみましょう。

オーガニックとは?――と尋ねられたとき、あなたはどのように答えるでしょう?
「化学農薬を使わない」「とにかく土づくり」といった生産方法にこだわる意見、あるいは「温暖化を食い止める」「自然の生き物を大切にする」というエコロジー的発想、はたまた「健康に良さそう」「付加価値がありそう」といったメリット重視型の声もありそうです。
国際的な規模で有機農業推進活動を行っているIFOAM( 国際有機農業運動連盟) は、オーガニックの原則として「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4項目を掲げています。これを分かりやすく整理・下図のようになります。
日々の中で少しずつオーガニックを知り、多くの人たちと思いを共有していくことは楽しいものです。

出展:JONA

JONAは、オーガニックを4項目で掲げています。「オーガニック」とひとことで言っても、食べ物だけではなく生き方そのものであったり、環境や社会といった幅広い視野で見ることができるんですね。気になる方は、JONAのホームページをチェックしてみてください♪

日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会公式サイト

定義にとらわれず、あなたなりの「オーガニック」を楽しんで♪

最後に、このコラムの議題「オーガニックってなんなの?」 ということなのですが。つまり、簡単に言うと、「有機的な」と言う意味なのですが、「オーガニック」に対する考え方は様々あるようです。だから、「オーガニックは◯◯ということだ!!」 とカチコチな頭で定義づけるのではなく、自然と共存することだったり、環境を大切にすることだったり、体にいいものを採るように心がけたり、あなたなりの「オーガニック」を一度考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか? 今ちまたで流行りの「オーガニック」。あなたなりの「オーガニック」を考え、あなたやあなたの近くにいる大切な人のために、素敵な「オーガニックライフ」を送ってくださいね。