今年のバレンタインは日曜日! 職場の”義理チョコ”どうする?

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

0be914ba8b7401b4c33983eaa10e0ff8_s

2月14日はご存じ、バレンタインデーです。しかも、今年は日曜日って知っていましたか? バレンタインデーが平日だと、職場の上司や同僚の男性に”義理チョコ”を渡すのが定番ですよね。でも、今年は日曜日…アラサー女子のみなさん、どうしますか?

実は男性社員もバレンタインの義理チョコが憂鬱だった!

会社の女性社員たちから義理チョコをもらう男性陣。もちろん表面上は「ありがとう…!(ニコ)」と応対するものの、実は「いらないんだけどなぁ…」と憂鬱に感じている人も多いようです。その理由は、ダントツで「お返しが面倒、かつ結構コストがかかる」ということ。

女性社員が多い会社に勤める、とある男性社員の体験談です。なんと、ひどい時は女性100人に対して男性10人、お返し1人あたり1万円! なんてことがあったそうです。これは、中高生のお子さんを持つお父さん社員にとってかなり痛手だったようで、その後「会社全体でのバレンタインのやり取りはやめよう」ということになりました。
実際、女性社員にたくさん義理チョコをもらっても1人では食べきれず、家族に処理を手伝ってもらうなんてことも…。彼女や奥さん、お子さんもいる男性社員が、面倒と感じてしまう理由も納得ですよね。

一方、女性社員も悩んでいる「今年はどうしよう…」

女性社員も、バレンタインデーが近づくと悩ましい社内の”義理チョコ”問題。男性社員が多い会社だと、「どうしよう」「どこまで渡せばいいの?」「◯◯ちゃんは渡すって言ってたし、私が用意していないのは変なのかな…」と、周りの女性社員がどうするか気を配って悩んでしまうこともしばしばあります。

おすすめは、事前に女性社員同士で話し合ってみること!

バレンタインデーの”義理チョコ”は社内の暗黙のイベント化している…という会社は難しいかもしれません。しかし、まだ社内のバレンタインルールが曖昧なようであれば、女性社員同士で一度話し合ってみてはいかがでしょうか?
「渡す? 渡さない? 渡すならいくらまで? 誰が誰に? みんなで割り勘?」など、モヤモヤする点は話し合って全員で決めましょう。ちなみに私が以前勤めていた会社では、事前に女性社員同士で話し合い、「あげなくていっか〜お返しめんどくさそうだしね。」と”義理チョコ”廃止の結論が出ました。笑

まとめ

恋する相手に渡すバレンタインはとてもウキウキするイベントなのに、社内の男性相手となると一気にめんどうなイベントになってしまうバレンタイン。”義理チョコ”は決して義務ではありませんから、事前に社内で話し合って丸く収まる解決法を♪