遠距離恋愛なのに結婚を成就させる秘訣4つ

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

遠距離恋愛でがっくり来る女性

「えっ?もしかして遠距離恋愛!?」

つきあい始めて約1年、そろそろかな~なんて思い始めた頃、急に舞い降りてきた彼の転勤。自分の仕事もある程度重要な役割を担ってきたアラサー女子にとって、そう簡単に彼について行くこともできないし、あ~どうしよう? そんな悩みを持つ方も多いのでは?

そもそも、「遠距離恋愛って長続きしない」という現実もあるようですので、結婚を意識していた人にとっては、不安で不安で仕方が無いですよね。もちろん彼の転勤がどれくらいの期間なのか、会いに行くまでの距離や時間はどのくらいなのか、など、ひとくちに「遠距離恋愛」といってもさまざまなケースがありますが、もちろん見事結婚までこぎ着けた人もたくさんいらっしゃいます。

今回はそんな彼女たちが実践した「遠距離恋愛で結婚を成就させる秘訣」をお届けします。

1.朝晩の「おはよう、おやすみメール」を欠かさない

すでにラブラブなカップルであれば、もう実践済みかもしれませんが、これは毎日欠かさずにしておきたいところ。遠距離だからといってメールやLINEの通数を増やす必要はありません。逆にしつこくメールをすると男性は監視されているような気がして逃げてしまいます。また、返信がすぐに来ないからと言って催促するのは最もやってはいけないこと。あくまで、今までと同じようなペースで送ってみてください。

2.ちょいエロの写メを送ってみる

お風呂上がりのリラックスした雰囲気を自撮りして送ってみるのもいいでしょう。胸元がちょっとゆるい感じの写メを撮り、「今お風呂上がりでリラックス中~」なんてメッセージと一緒に送るとさらに効果的! 男性は意外と単純なので、素っ気ない返事が返ってきたとしても、内心はかなり喜んでいるはず。こちらもしつこくならない程度に送ってあげると、あなたからのちょいエロ写メが来るのを心待ちにするようになりますよ。もちろん、そういうことがまったくダメな彼には逆効果。そのあたりはよく見極めて。

3.やっぱり定期的に会う

場所によって難易度が大きく異なりますが、たとえ海外でも東南アジアであれば、LCCの航空会社を使い荷物をぎゅっとコンパクトにすれば、往復数万円で会いに行けます。予算が許す範囲で定期的に会いに行きましょう。特に海外勤務の場合は手当が出たり、家賃の補助があったり、現地の物価水準が低かったりして、意外と彼はリッチになっているはず。会いに来て、とおねだりするのも良いでしょう。
国内の場合は、もっと頻繁に会えると思います。ただ、どちらか一方が会いに行くばかりになってしまうと、金銭的な負担もあり、また自分ばっかりといったマイナスな感情が生まれてしまうので要注意。今回は私が会いに行くから、次回は彼に会いに来てもらう、といったルールを決めておくのも良いでしょう。
サプライズで突然会いに行く、という気持ちはわからないでも無いですが、相手にも都合があると思うので、あまりオススメできる方法ではありません。

4.親に挨拶に行っちゃう

結婚を本気で考えているなら、このタイミングで相手の両親に挨拶に行ってみるのも良いでしょう。つきあいが長くなると、なかなか相手の両親へ挨拶に行きにくくなってしまうもの。こうしたイベントをきっかけにし、そうした場を彼にお願いしてみましょう。彼のご両親も息子の転勤には少なからず不安になるものですので、ちゃんとした彼女がいる、というだけで少しは安心します。喜んで会ってくれるでしょう。
もちろん彼の両親に会う、ということは、彼に結婚への意識を向けさせる、という効果もありますので、効果絶大です。

遠距離の恋愛というと、彼が浮気しないかなとか、気持ちが冷めないかな、とか不安がつきもの。もちろん今の彼との距離感などケースバイケースで対策は異なってくると思いますが、ぜひ上記を実践してみて、距離は離れているけど心は近いふたりを実現させてくださいね。