【アラサー女子がやりがちNG行動】ちまたの男性が最も嫌がる「ゼクハラ」とは…?!

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

db35b7bd8666a5c14f235b9a691977a7_s

あなたも、気付かぬうちに彼をものすごく追い詰めているかもしれませんよ!
それは、「ゼクハラ」をしているかもしれないからです。アラサー女子が最もやりがちなNG行動として「ゼクハラ」があげられます。あなたは、大丈夫ですか?

「ゼクハラ」とは?

「ゼクハラ」=ゼクシィハラスメント。結婚を強く望む女性が、交際中の男性に対して「結婚して欲しい」と詰め寄ったり、プロポーズもされていないのに見える場所にゼクシィを置いたりして、男性を精神的に追い詰めてしまう行為です。うーん、アラサー女子は心当たりのある方、多いのでは?

アラサー女子がやりがちな「ゼクハラ」一覧

  • プロポーズ前なのにゼクシィを買って見えるところに置く
  • 「結婚してくれないと別れる」と彼氏に言う
  • 「◯◯ちゃんも結婚したんだって、いいなぁ」とあからさまに結婚願望を匂わせる
  • 結婚式の帰り、「今日の結婚式すごい素敵だった♡ 私だったら…♡」と結婚式の妄想を彼氏に語る
  • デート中、ウェディングドレス姿のウィンドウの前で立ち止まる
  • 彼氏にサプライズで結婚式場やドレスの下見の予約を入れる
  • 「親が結婚しろってうるさくて…」と親の名前を出す

「ゼクハラ」されたら男性は萎える!

一般男性は、基本的に結婚に対して良いイメージを抱いていません。もちろん、あなたと交際をしてくれている彼は「順番を追っていつかは…」と考えてくれているでしょう。時が来たら、プロポーズをしてくれるはずなのです。
それなのに、早まって「ゼクハラ」をすることにより、「俺と結婚したいんじゃなくて、ただ”結婚がしたい”だけなんじゃないのか? 」と思われてしまったりすることもあるようです。
そして何よりも「ゼクハラ」の行為はとても重いんです。実際に、アラサー女子が交際していたアラサー男子に「ゼクハラ」を毎日行いすぎて振られてしまったというエピソードも知っています。「ゼクハラ」したら婚期が遅れる…というのは本当かもしれませんよ!

まとめ

「ゼクハラ」…アラサー女子なら、誰しもがやる可能性のある行為です。自分の心に胸を当てて、彼氏を追い詰めてはいけない! と一度冷静になってみてくださいね。プロポーズされていないうちは、ゼクシィを買ってはいけません。