「家でくらい、いいでしょ?」アラサー干物女子の休日の過ごし方

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

458e1bd73db54e90f7717ddf007b62a0_s

アラサー独女の皆様は、休日はおひとりさまを謳歌して楽しんでいるのではないでしょうか? または彼氏あり・旦那ありのアラサー女子も、長くなった付き合いのパートナーにときめきを感じなくなり、家に一人でいる休日にフワッと気が抜けることがありませんか?
そんな風に1人で家に引きこもることを愛する女子達が「干物女子」です。アラサーの干物女子たちは、休日を一体どんなふうに過ごしているのでしょうか?

アラサー干物女子の休日の過ごし方

「彼氏がいない休日は穴が開いたダサいスエットに、クラスTシャツ(高校時代に学祭などで作ったオリジナルTシャツ)でひたすらごろごろする。料理とかほんとめんどくさいから、カップラーメンを心から味わう。これでもかってくらいガニ股でごろごろしながらお笑いのテレビを見て大笑いする。(27歳・ライター)」

「休日の前日は朝まで飲んでいるので、朝帰ってきて夕方まで寝て、起きた後もダラダラ布団の上でスマホいじる。ゲームやったり、コラム読んだり。夜ご飯は近くのコンビニで適当にお弁当を買って、缶ビールも数本買う。帰宅後は缶ビールをあけて1人で晩酌。これが幸せです。(30歳・経理)」

「朝は割と早く起きて洗濯機を回す。そのあとベッドでノートパソコンを開いてYoutube。洗濯物を干す。昼ごはんはソースをかけるだけのパスタ。そのあとベッドでノートパソコンを開いてYoutube。夜ごはんはペヤング。そのあとベッドでノートパソコンを開いてYoutube。(29歳・メーカー)」

家でくらい干からびたっていいじゃない?

いま、ちまたでは休日にも「ヨガして友達とランチ女子会♡」とか、「お気に入りのカフェでコーヒータイム♡」など、おしゃれに過ごすアラサー女子もいるようですが、実際こうして干からびた休日を送っているアラサー干物女子もいます。いやむしろ、後者のほうがリアルな体験談なのではないでしょうか。休日も頑張っておしゃれぶるより、たまには家で干からびたっていいはずですよね。
「ずっと家にいると罪悪感…」という女子も多いようですが、たまには力を抜いて1日中ひたすらごろごろするのも素敵な時間だと思いませんか?

まとめ

仕事を頑張りすぎているアラサー女子。何もしたくない休日は、何もしない干からびた休日を過ごすのはいかがでしょうか? 干物女子になる瞬間も、気楽でとても楽しかったりしますよ。とてもおすすめな休日の過ごし方です。