「彼氏いない歴3年以上」のアラサー独女が新しい恋をはじめる3つのオキテ

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

578b206fd6d0976ed47e3fb70e59ec46_s

彼氏ってできない時期が長くなると、できる気配すらなくなってしまうことありますよね。今、多くのアラサー独女がそのことで悩んでいます。でも、知らず知らずのうちに自らモテないオーラを出してしまっている可能性も。自分の行動を振り返って、新しい恋を始める準備を始めましょう♪

1.初対面では彼氏いない歴を暴露するべからず

合コンや婚活で、「彼氏はずっといないんです。3年くらいかな…。」と正直に暴露してしまう人がいます。これは、自ら「私はモテないです。難ありです。」と言ってしまっているようなもの。男性も「3年も彼氏がいないのは訳ありだな…。」と初回のデートに誘う前から気が引けてしまいます。

まず初対面では彼氏の有無を聞かれても、なんだか曖昧に答えておきましょう。少し謎があるくらいのほうが、デートに誘いたいって思うものですよ。

2.男性の前では”仕事モード”をOFFにするべし

アラサー独女の多くは1人で生計を担いバリバリと働いています。そして、男性の前でも”仕事モード”をONにしたままにしてしまう女子。これ、NGですよ!

男性は女性から「私は今これだけ稼いでて」「今部下を育てていて…」など仕事の話をされたところで全くときめきません。あくまで恋の始まりは「抱きたい」と思ってもらえるかどうかです。プライドは捨てて、男性の前では”仕事モード”はOFFにしましょう。そして、”プライベートモード”にして女の色気を振りまいて。

3.「守りたい女」になるべし

男性は基本的に女性を「守りたい」と思っています。これは本能です。なので最近多い”強すぎる女性”は恋愛対象として見られません。

「男性にうまく甘えられない…」という悩みを抱えている女性も多いですが、恋がしたいならそんな悩みを抱えている時間が本当にもったいないです! 重い物を持っているなら「重〜い、持ってくれない?♡」疲れたなら、「疲れた〜、ちょっと休まない?♡」とかわいく言える女子になりましょう。一見ぶりっこのようですが、これを自然にできることで「守りたい女」になることができるのです。

まとめ

「ありのままの自分」では勝負出来ないのがアラサー独女

アラサーになっても、「ありのままの自分をいつか認めてくれる男性が現れる」と夢を描いている女性も多いですが、もしありのままの自分でいいのであれば既に愛してくれる男性が現れているはずです。恋をしたいのであれば、今の自分に欠けているものに気付いて努力することが必要です!