「もう心も体もボロボロ…」そう思った時やるべきたった1つのこと

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

0a7bf7ae7c6be8f71d72b5c1e0be97ac_s

「もう、心も体もボロボロ…」

仕事にも追われ、恋愛関係もうまくいかず、疲労感が蓄積してこう言いたい時ありませんか?そんな時、どうやって対処していますか? 間違った対処法で疲労感が増してしまう危険性もあります。自分の心と体の声に正直になりましょう。

「心も体もボロボロ…」と思った時は”何もしない”

心も体もボロボロということは、全身のエネルギーが疲弊してしまっている状態です。そんな状態で「頑張って運動しよう!」「女友達と朝まで飲みに行こう!」と無理してリフレッシュしようとすることでさらに疲労がたまっていきます。

心も体も疲れきっている状態のときは、”何もしない”ことをしようとしてみてください。時間に追われている現代人にとっては意外と難しいことだったりしますよね。

疲れているなら残業はしない

疲れている=体調が悪いということです。無理して残業をしても良いパフォーマンスは出来ません。まずは残業はしないように徹底しましょう。

残業や新しい仕事を頼まれて断りづらくても、「すみませんが今日はどうしても都合がわるいんです…」「どうしても今日は体調が悪くて…」と上手に断りましょう。付き合いの飲み会も同様です。とても疲れることなので早く家に帰りましょう。

会社を出たら、スマホは見ない

スマホがあると、いつでも誰かしらと連絡が取れてしまいます。無意識に見ているSNSも、気付かぬうちにストレスになってる場合も少なくありません。すごく疲れている時は、スマホを見ないようにしてみましょう。完全にオフモードにすることが大切です。

おうちでは、心からリラックスできることを

おうちにいるときは、心身に一切負担をかけないことをするのがおすすめです。横になってボーっとする・瞑想するなど、”何もしない”ことを心がけて。心地いい音楽をかけてみたり、好きなアロマを炊いたりするのもリラックス効果が高まります。

疲労回復には睡眠が一番

究極に”何もしない”のは睡眠ですよね。疲労回復には睡眠が一番大切です。疲れた日には、入浴した後ベッドに行ってぐっすり眠りましょう。眠りにつく前は部屋の電気を暗くしてあげるとすっと眠りに落ちることが出来ます。

まとめ

心も体もボロボロな時は、全身のエネルギーがなくなっている状態です。まずは”何もしない”時間を作ってあげること。そして、心の底からリラックスすること。そうしているうちに、少しずつエネルギーが戻ってきて気力もみなぎってきますよ。