素敵な生活を目指すなら♡ 女子1人暮らしの部屋探しで重視するべきポイントは?

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

1af153f3f396005730111141ada44105_s

もうすぐ春。新生活です! 素敵な生活には、素敵なおうちが必要不可欠ですよね。今年の春に引っ越しを考えている…という女子はもちろん、どこか新しい土地に部屋を借りたいな〜と漠然と考えている女子も、改めて女子一人暮らしの部屋探しで重視するべきポイントをチェックしてみて♪

1.2階以上を狙うべし!

基本的に1階より2階の方が家賃が高いことがほとんどですよね。その通り、1階は防犯面でも危ないですし、地面が近いことで寒いんです。女子に冷えは天敵。心配なく安心できる生活を目指すなら2階以上のお部屋が無難です。

2.窓の方角は南or東がベスト!

快適な生活に日当たりの良さはマストですよね。一人暮らし用の物件は、日当たりがあまり良くない部屋も多いので、入居前によくチェックしておきましょう。

方角は南or東がベスト。朝日が入れば朝もスッキリ起きられますし、南向きであれば終日日当たりの良さを実感出来るはず。西向きは夕陽が見えるというメリットがあるものの、実は西日ってすっごい暑いので暮らしにくいんです! 北向きだと湿気が増え、洗濯物も全然乾かないので要注意。ただし、方角はバッチリでも隣にビルなどの高い建物があると意味が無かったりするので、内見のときに周囲の建物も見ておくといいかも。
また、タワーマンションの高層階に住む場合限定ですが、あえて北側の部屋を選ぶ、という選択肢もアリ。最近のマンションは断熱性に優れているので、南側だと暑すぎて冷房代がバカにならないというケースもあるそうです。直射日光は望めませんが、遮るものがないタワーマンションなら北側も意外と明るいもの。昼間はあまり家にいないという方は、北側も検討してみて。

3.バス・トイレ別!

家賃が高い場所だと、どうしてもユニットバスで家賃の安い家を選びがち。でも、お風呂とトイレで毎日の快適さが大きく変わります! ユニットバスは、お風呂に入った時の水がトイレ側に漏れてしまい掃除も大変になってしまうんです…。

何より、疲れて帰宅した後は絶対お風呂には浸かってストレスを癒やす時間が必要です。素敵なライフスタイルを送りたいならバス・トイレ別を重視するべき!

4.2口以上のコンロがある!

一人暮らし用の物件あるあるが、「一口コンロ」。これ、本当に料理するときに不便です。実家暮らしに比べたら、どうしてもお金がかかってしまうのが一人暮らし。必然と自炊をする日が増えると思います。

さあ、いざ料理しよう! ってとき、一口コンロだと色々大変です。彼へ手料理を振る舞う練習、いつか子供が出来た時の練習をするためにも、コンロは2口以上必要です!

まとめ

新生活に焦る女子がやりがちなのが、「とりあえず一人暮らししたい」と急いで部屋を決めてしまうことです。でも、生活の中心はあくまで家ですよね。仕事が大変でも、帰ってきて癒される空間があることはとても重要。素敵な生活を送るために、お家選びは慎重に行って下さいね!

▼交渉が面倒な引越しはこちらから簡単無料見積もり
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】