5代栄養素ってなに!? ビタミン、ミネラル…何を食べればいいか徹底解説!

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_s

「ビタミンは体にいい」「炭水化物を食べると太る」…そんなことが話題に出ても、ぶっちゃけ”5代栄養素”が何か分からない女子、多いのでは? そこで今回は、今更聞けない5大栄養素の基本と、何を食べればいいのかを徹底解説します♪

5大栄養素とは?

5大栄養素とは、植物に含まれている成分のうち、生命の維持に欠かせない成分のこと。「糖質」「タンパク質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル(無機質)」の5つを差します。

直接エネルギーになるのが3大栄養素

5大栄養素のうちで「糖質」「タンパク質」「脂質」の3つが、生活に必要なエネルギー源となる3大栄養素です。女性の多くが「ダイエットのため」と言ってこの3大栄養素を抜いてしまうのですが、全く食べないと必要なエネルギーが摂取出来ず、代謝も悪くなり逆効果になることも。

糖質

fe639809fff3fdca285e363f44dd15cb_s

糖質は、炭水化物のことです。「炭水化物ダイエット」などよく言われますが、実は1日に必要なエネルギーの50〜60%はこの糖質から作られています。すぐに脳のエネルギーに変わるので、効率よい1日を過ごすためにも朝は必ず食べておきたい栄養素です。

これを食べればOK!→お米、パン、いも類、砂糖、果物

タンパク質

031402f69393d6c07003acc7fb22c022_s

血液や筋肉の身体の構成成分になるのがタンパク質です。ホルモンや免疫システムにも関わるので、健康のためにも摂っておきたい栄養素ですね。CMなどでもよく見る「必須アミノ酸」はこのタンパク質のことで、体内で作れないため食べ物から摂取しなければならないアミノ酸のことなんです! ダイエットのため肉類は避ける…という女性も、高タンパク低カロリーの鶏のササミや胸肉を選ぶなど、タンパク質を摂ることは心がけましょう。

これを食べればOK!→肉類、魚介類、牛乳、卵、大豆など

脂質

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_s

よく言う「コレステロール」は脂質のこと。脂質=デブのもと…と思いがちですが、ホルモンや細胞の材料になったり、身体を動かすエネルギーの元でもあるので、必要な栄養素です。脂質を摂ることで、ビタミンの吸収も促進されるので必要量を摂取することが大切です。動物性脂肪が気になる女子は、ごま油やオリーブ油など料理で使う油を良質な植物油に変えてみると効率よくヘルシーに摂取できます。

しかし、ご存じの通り摂りすぎは肥満&生活習慣病のもと。食べ過ぎには気をつけましょう。

これを食べればOK!→肉類・魚介類・植物油など

身体の機能調節を助ける栄養素がビタミン・ミネラル

ビタミンやミネラルは、それ自体はエネルギーにはならないものの、少量で身体のさまざまな代謝機能を調整する役割を持っています。

ビタミン

66952c2116a74ab67ad62d013b6ed96e_s

ビタミンは、微量で栄養素の代謝を助けるすぐれもの。体内では合成できないので、積極的に食べ物から摂取する必要があります。美肌・ストレス解消・疲労回復など身体にはメリットばかりのビタミン。お肌の曲がり角のアラサー女子だからこそ、しっかり摂っておきたいですね!

これを食べればOK!→緑黄色野菜、果物

ミネラル(無機質)

c5867c7df7f12ead1d596aea81f02696_s

ビタミンと同様、体内ではつくれないのに、身体の機能調節を行うために必要不可欠な栄養素です。ご存じ、カルシウムや鉄などはミネラルの一種。骨や血液、歯の構成成分でもあるんですね。大豆類や海産物に多く含まれているので、不足しがちな女子はサプリに頼るのもいいかも。

これを食べればOK!→大豆製品、乳製品、海産物、小魚、レバーなど

まとめ

現在では、色んな加工食品が出ているので、必要な栄養素の知識がないまま偏食になってしまう人も多いようです。栄養素が偏っていると、今は良くても更年期過ぎたら一気に「骨粗しょう症」「更年期障害」「シミ・シワだらけの顔」なんてことも!

「独女も、主婦も、まずは自分の健康と美容のために。正しい知識を身につけて、必要な栄養素を食べる食生活を心がけてみてください。