井の頭公園に中野通り…「JR中央線沿線」のお花見スポット5選!

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

もうすぐ桜の季節がやってきますね。桜が咲いたら、まずやりたいのはやっぱりお花見♪ 今回は、大人気のエリアJR中央線沿いのお花見スポットをご紹介します。以前から中央線に住んでいる方も、新しく中央線に住み始めた方も、改めて「中央線のお花見スポット」をチェックしてください♡

1.井の頭公園(吉祥寺駅)

井の頭公園

出展:タチカワオンライン

中央線沿線の桜スポットといえばココ! という知名度の高い吉祥寺井の頭恩賜公園。公園の中央にある池を囲むように咲く桜は毎年見事です。ボートに乗って池の上から満開の桜を眺めるのもよし。ブルーシートを持っていって宴会をするのもよし。中央線沿線ではまず訪れておきたいのがこの井の頭公園です!

井の頭恩賜公園

最寄駅 吉祥寺駅
住所 東京都武蔵野市御殿山1-18-31
アクセス JR中央線・吉祥寺駅から徒歩5分。

公式ホームページはこちら

2.国営昭和記念公園(立川駅)

昭和記念公園

出展:TOKYOスポット

中央線の中でもショッピングモールや百貨店が立ち並ぶお買い物エリアの立川。しかし、国営昭和記念公園に出向けば、都内にいることも忘れるほど種類豊富に咲く桜の花に感動することが出来ます。公園の敷地もとても広く、サイクリングやピクニックも楽しめます。駅から歩く途中にはあのIKEAもあるので、お花見デートをするなら一日中楽しめること間違い無し♪

国営昭和記念公園

最寄駅 立川駅
住所 東京都立川市緑町3173
アクセス JR中央線・立川駅北口より徒歩30分以上。またはJR青梅線・西立川駅より徒歩15分。青梅線へは中央線からの直電車あり。

公式ホームページはこちら

3.小金井公園(武蔵小金井駅)

小金井公園

出展:小金井市観光みどころ散歩

桜以外にも、壮大なアスレチックや江戸東京たてもの園など見どころが満載の小金井公園。広い敷地の公園内には桜を楽しめる場所があちらこちらに存在しています。特に、写真の江戸東京たてもの園の前の広場では、開放感溢れる空間の両脇に桜が咲き誇り、夜桜も人気の場所です。ビールとおつまみを持って、大人数でもファミリーでも、まったりと桜を楽しめる場所になっています♪

小金井公園

最寄り駅 武蔵小金井駅
住所 東京都小金井市関野町1-13-1
アクセス JR武蔵小金井駅北口より徒歩30分。または北口から西武バスに乗り小金井公園西口バス停下車。

情報ページはこちら

4.中野通りの桜並木(中野駅)

中野通り

出展:中野写真資料館

中野駅から歩いて楽しめるのがこちらのスポット。レジャーシートを広げて…というわけにはいきませんが、駅前の横丁で美味しいものを買って食べ歩きするのがおすすめです♪

中野通り

最寄り駅 中野駅、東中野駅、新井薬師前駅、沼袋駅
住所 東京都中野区
アクセス それぞれの駅より徒歩

5.神代植物公園(三鷹駅)

神代植物公園

出展:とうきょうなび

神代植物公園の見どころはなんといっても種類の豊富さ。華やかに咲く色んなタイプの桜を一度に楽しむことが出来ます。駅からバスですが、それでも行く価値はあり!

神代植物公園

最寄駅 三鷹駅
住所 東京都調布市深大寺元町5-31-10
アクセス JR中央線・三鷹駅南口より小田急バス(調布駅行き,深大寺行)または吉祥寺駅南口丸井デパート前から小田急バス調布駅行き,深大寺行)乗車、神代植物公園前バス停下車すぐ。

まとめ

中央線沿線は、都内でも自然が豊かな場所が多いのが魅力です。桜の時期も見どころたくさん。ぜひ電車に乗って、素敵なお花見スポットを訪れ、中央線沿線の春を満喫してみてはいかがでしょうか。