今年のGWは島行かない?アラサー女子も虜になる日本の島5選

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

4月、新生活が始まったあとのお楽しみといえばゴールデンウィーク。4月29日(金)〜5月8日(日)まで、10連休なんて人もいるのでは?

GWに旅するなら計画は早めがおすすめ。今回は、アラサー女子を虜にする「日本の島」をご紹介します。夏の前でも、島なら一足先に夏気分を味わえます♪ そして、長い休みだからこそ非日常を楽しめる最高の「島旅」を計画してみてはいかがですか?

1.奄美大島

917c0372b6c51843221ac38bf461e49d_s

鹿児島県の奄美大島は、「東洋のガラパゴス」と呼ばれるほど独特かつ豊かな自然に恵まれた島。沖縄ともまた違う、独特な文化が色濃く残る日本の島です。驚くほど綺麗な海でマリンアクティビティを楽しんだり、緑豊かな森のなかでマングローブの原生林探検なんかも出来ますよ♪

奄美大島の基本情報

・住所:鹿児島県奄美市・大島郡龍郷町・大島郡大和村・大島郡宇検村・大島郡瀬戸内町
・飛行機でのアクセス:羽田・大阪(伊丹)・福岡・鹿児島・沖縄より直行便あり
・船でのアクセス:羽田・神戸・鹿児島より直行便あり、沖縄から徳之島等経由便あり
・お問い合わせ先:0997-53-3240(奄美大島観光物産協会)
・参考サイト:http://www.nonbiriamami.com/

2.小笠原諸島

42564bc039e33d87266e97e17c9ad6d8_s

東京から南に1000kmの海の上に浮かぶ小笠原諸島は、世界遺産にも登録された日本の自慢の島です。空港はなく、1週間に1度しか出ていない船で向かう島旅は、一生の記憶に刻まれること間違い無し。長い休みでないといけない魅惑の島だからこそ、GWに行くのはおすすめ。ダイビングなどではイルカと泳げるアクティビティもあります。「え、ここ日本?!」と疑ってしまうくらいの美しい海を満喫してみては?

小笠原諸島の基本情報

・住所:東京都小笠原村
・アクセス:東京・竹芝桟橋よりおがさわら丸で25時間半で父島
・電話番号:04998-2-2587(小笠原村観光協会)
・参考サイト: http://www.ogasawaramura.com/

3.八丈島

6f6ad53ac5d2e760298fb4a2873c7324_s

東京都に属する秘境、「伊豆七島」の中で一番遠くにあるのが八丈島。離島の中では広い方なので、GWなどまとまった休みでゆっくり行くのにぴったり。黒潮の影響で1年中暖かい八丈島には古く縄文時代から人が住んでいたとされています。都から流された流人や中国や南方の島から黒潮に乗って漂着した人たちが独自の文化を作り上げたそうですよ。マリンアクティビティはもちろん、登山も出来るので山派にもおすすめの島です♪

八丈島の基本情報

・住所:東京都八丈町
・飛行機でのアクセス:羽田空港より直行便有
・船でのアクセス:竹芝桟橋より三宅島、御蔵島経由便有
・お問い合わせ先:04996-2-1377(八丈島観光協会)
・参考サイト:http://www.hachijo.gr.jp/

4.竹富島

8cf0dbc8193321d9eeb3d3e7ac9fae51_s

石垣を積まれた砂利道を水牛車が通る…という景色で有名な竹富島。昔ながらの伝統景色を残すために、全ての建物が平屋、そして石瓦屋根で出来ています。ドラマや映画の舞台としても多く登場していますよね。上陸した瞬間、独特の空気感がまさに非日常を味わせてくれる竹富島は、石垣島から船で向かいます。石垣島から近いため、日帰りにしてしまう方も多いですが、竹富島をじっくり味わうためには連泊をおすすめします!

竹富島の基本情報

・住所: 沖縄県石垣市
・アクセス: 石垣港離島ターミナルから高速船、フェリーで移動。所要時間は高速船で約10分、カーフェリーで約15分。
・電話番号: 竹富町役場 0980-82-6191(代表)
・公式サイト:http://www.town.taketomi.lg.jp/

5.与論島

73d318f6f6868697e1e809920785e8a8_s

与論島を経験したアラサー女子は「沖縄より好き!」という感想を言うほど魅力的な島。鹿児島県の最南端にある離島で、沖縄からも近い場所にあります。映画「めがね」の舞台になった与論島の魅力は、なんといっても海の美しさ。白い砂浜だけの島「百合が浜」は”死ぬまでに見たい絶景”として話題にもなりました。南側の離島はGWこそ夏真っ盛り。極上リゾートを満喫できそう。

与論島の基本情報

・住所: 鹿児島県大島郡与論町
・アクセス: 【船】那覇港から約4時間。鹿児島新港から約20時間 【飛行機】那覇空港から約30分。鹿児島空港から約1時間10分
・公式サイト: http://www.yoron.jp/

まとめ

日本自体が島国のため、海に囲まれた豊かな自然の離島もたくさんあるんですね。ここに紹介しただけではなく、国内には魅力的な島がたくさんあります。長い休みだからこそ、島でゆっくり。たまにはそんなご褒美旅をするのも、いいですよね♪