寝るだけで綺麗になる。「美人睡眠」が出来るようになる10の法則

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

020b967e7382024e1c4ef221075247ac_s

「寝てる間に綺麗になったら…」と、夢みたいなこと考えたりしませんか?

「…いやいや、寝てる間に綺麗になったら苦労しないわ!」と思ったあなた。本当に、睡眠で美人は作れるんですよ! キレイになりたいなら、良質な睡眠は不可欠です。今から教える「美人睡眠」の法則を実践して、あなたも寝てる間に綺麗を目指しましょう!

寝るだけで綺麗になるって、ホント?

…ホントです。「寝る子は育つ」とよく言いますよね。その通り、成長ホルモンが活性化するのは夜。成長ホルモンは、水分を保つコラーゲンなどのタンパク質の生成を促進する働きや、肌の弾力を保つのに欠かせないヒアルロン酸などを生成する作用もあります。そしてこのホルモンが分泌されるのが22時〜2時の間。ちまたでよく言われる「お肌のゴールデンタイム」なのです。

最初の3時間が肝心!

睡眠リズム

びんちょうたんコム

長ければいい…というわけではないのが睡眠時間。美人睡眠で肝心なのは最初の3時間なんです。上の図のように、眠りにはリズムがあります。就寝後すぐに現れるのが「ノンレム睡眠」で、「脳の眠り」といわれる深い眠りです。その後「体の眠り」といわれる浅い眠りの「レム睡眠」となり、これが1時間半起きに4~5回くり返されます。

とくに就寝後3時間の一番深いノンレム睡眠で、私達は脳を休ませて心身のメンテナンスをしているんです!! この時間にどれだけ良い眠りがとれるかが大切。だからこそ、眠りに入るまでの時間が短いことがポイントです。

「美人睡眠」のための10の法則

美人になるための睡眠を手に入れるためには、下記に述べた10の法則を守るだけでOK! 良質な睡眠を導くホルモン”メラトニン”の分泌には朝日の光もとっても重要。毎日のリズムを見直すことで、寝ている間に綺麗になれる「美人睡眠」が可能になります♡

  1. 毎朝決まった時間に起きるべし
  2. 起きたらすぐに朝日を浴びるべし
  3. 朝食を必ず食べるべし
  4. 日が出ている間は働いたり体を動かしたりするべし
  5. 昼寝をするなら15分にするべし
  6. 眠る3時間前までに夕食を済ませるべし
  7. ぬるめのお風呂にじっくり浸かるべし
  8. 寝る前にスマホ・PCは見るべからず
  9. 寝る前は間接照明でリラックス時間を設けるべし
  10. 体に合った寝具を使うべし

…これだけです。簡単ですよね? これさえ守れば、ずっと悩んでいる肌荒れや体調不良も改善が見られるはずです。まずは1ヶ月、しっかりと実践してみてくださいね。

まとめ

「美人は寝る間に作られる」とお分かり頂けましたでしょうか? 筆者である私も、夜型生活から毎晩0時前に寝る生活を実践してから肌荒れが治り、体調も良くなりました。まずは騙されたと思って、10の法則を試してみてください。ある朝起きたら、自分の美人さにびっくりするかも…?!