アラサーだって英語頑張りたい!ぶっちゃけオンライン英会話って、何するの?

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

3c6482218bdf2474218113fc569729b2_s

毎日を過酷に生きるアラサー女子の皆さん、こんにちは。皆さんの中にも、「今年こそ英会話頑張りたい…!」と思っている方は多いのではないでしょうか。やはり、英会話が出来るだけで海外旅行もぐんと楽しくなりますし、キャリアアップにもつながりますよね。さて、ちまたでは”オンライン英会話”が大流行中。一体、オンライン英会話って何するんでしょうか?

1.Skypeで現地の外国人講師と話せる

大手ではDMMやレアジョブなど、ほとんどのオンライン英会話はSkypeで行われます。そのため、まずはSkype IDが必要になりますね。レッスンを予約した時間に講師から着信があり、Skypeでレッスンをします。そのまま約25分レッスンするのが普通です。

2.自己紹介から始まる

どのレッスンも、自己紹介から始まります。まずは先生が自己紹介をしてくれるので、今度は生徒の私達の番。初心者といっても、自己紹介くらいは予習しておいたほうが良いでしょう。

3.WEBテキストに沿って進行

上級者向けの「フリートーク」などでない限りは、WEBテキストを使用して進行します。テキストを見ながら、そのまま先生の発音を聞いて、リピートして…の繰り返しです。ここも予習をしておくとスムーズです。

英語がまったくの初心者だと痛い目を見ます。(笑)

初心者でも大丈夫! とうたっているオンライン英会話ですが、英語がまったくの初心者だと痛い目を見ます。実際私がオンライン英会話の体験で、顔も見えない日本語もしゃべれない講師を選択して喋ったところ、こうなりました。

講師「What ✕✕✕〜?」←なんて言ってるか聞き取れない

私「わッ…?」

講師「W h a t  ✕ ✕ ✕〜?」←ゆっくり言ってもらっても聞き取れない

私「………(どうしよう! 切りたい! わからない!)」

講師「………」

私「………(先生も黙っちゃったーーーーーー?!)」

…そう、初心者がやるとこうなります。講師も日本語がわからないので、日本語で何を言っても通じませんので、まったくの沈黙状態に。実際チャレンジしてみると25分という長さに驚くはず。英語初心者が日本語が出来ない講師を選ぶと、私のように25分間冷や汗びっしょりになるのでご注意を。まずは日本語対応の講師を選ぶと良さそう。

「自己紹介」と、「わからない時のセリフ」をマスターしておこう

オンライン英会話は、実際に聞き取って話そうと頑張るので、続けるとそれだけ実力となっていきます。しかし、より充実した時間を過ごすために予習と復習が必須になってきます。まずは簡単な「自己紹介」は必ず言えるようにしておきましょう。

そして先程ご紹介したように、講師の発音を聞き取れない場合、「なんて言ったかわかりませんでした」「もう一度言ってもらえますか?」などのフレーズを知っているとかなりスムーズに進行できます。レッスン前に練習してからのぞんでみましょう!

なんて言ったかわかりませんでした。
→I’m sorry, I don’t get it.
→I can’t get you.
→I can’t understand you.

もう一度言ってもらえますか?
→Could you please say it (or that) again?
→I am sorry, come again?
→I am sorry, could you repeat it?

まとめ

アラサーになってからでも、英会話は十分学べます! 実際、今後転職などを考えている方も多いでしょう。英語が出来る出来ないで、仕事の幅は大きく変わります。そして、2020年には東京オリンピックがあるので、今後もどんどん外国人観光客は増えると思われます。それまでに、少しでもオンライン英会話で英語を勉強しておきたいですね。