大好きな彼が結婚経験者。バツイチ男子が求める女性像とは⁈

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

a3d5d7c170fc08492cd3430bc18ff2e9_s

アラサー女子の中には、「バツイチ男子」に恋をしている方も多いのではないでしょうか。一度結婚を経験しているだけあり、次の恋愛や結婚にはなかなか踏み込まなかったりして…どうアプローチしていいのか分からず難しいですよね。しかし今の世の中、バツ1やバツ2は決して珍しいことではありません。今回は結婚経験者の男性が求める女性像を見ていきましょう。

1.”許せる”女性

結婚したあと一緒にいると大変なのは「これも嫌、あれも嫌、こんなの絶対許せない」というこだわりの強い女性だそう。付き合っている段階では見えなかったあんなことやこんなことが結婚すると目につきます。

ひとつひとつ「許せない。ちゃんとこうして!」と旦那にイチャモンばかりつけるとお互いにストレスがたまってしまいます。基本的に男性と女性は脳みその構造が全く違うもの。それをきちんと理解して、「ま、しょうがないか〜」と”許せる”ことが大切です。

2.程よく”適当”な女性

一般的に、よく気が利く女性は素晴らしい女性ですよね。しかし裏をかくと、生活をする上で色んな事に細かすぎるという欠点も…。細かいと一緒にいて疲れてしまうものです。

頑張るときは頑張る。何もしない時は何もしない。

適当すぎると「がさつ」で、それはそれで問題です。しかし、バツイチ男性は1度窮屈な結婚生活を送ってしまった方が多いので、程よく”適当”な女性が良いそうですよ。

3.思いきり年下の女性 or お互いを尊重できる同年代の女性

バツイチ男性が恋愛をするならこの両極端に別れるそう。「何をしてもカワイイで済まされる、おもいっきり年が離れた年下」もしくは、「お互いを尊重できて一緒にいて楽な同年代の女性」。これは女子目線でも納得ですよね。

もし相手の男性がひと回り以上離れていたら、何をしてもカワイイと思ってもらえるでしょう。アラフォー、アラフィフから見たらアラサー女子はまだまだピチピチです! 頭の凝り固まっている同年代の女性に疲れている場合がありますから、無邪気に若さや新鮮さをアピールしても良いかもしれません。

もし相手の男性の年が近いのであれば、お互いの仕事ややりたいことも明確になっているでしょう。10代の頃の恋愛とは違うわけですから、相手の想いや性格を尊重して認めてあげる。一緒にいてラクと思われる言動を心がけたいですね。

まとめ

恋するお相手がバツイチ、バツニだからといってうじうじしていませんか? 結婚経験があろうと、恋愛は自由です。(真っ最中の場合は不倫になってしまいますが…)

バツ1男性が求める女性像を理解して、彼が安心して恋が出来るような女性を目指してくださいね。