「本命彼女になれない…」アラフォーの独身男性が関係を曖昧にしたがる3つの理由

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

93aef1e2f64c5e235b25ae76230a991d_s

アラサー女子の中には、アラフォー独身男性と恋愛中の方も多いと思います。その中で、「私ってセフレなの? それとも、彼女なの?」と悩んでいる方もいるのでは? アラフォー男性が「好きだ。付き合おう!」なんて言うことは本当にまれ。どう思われているのかもすっきりしないまま、曖昧な関係を続けている…なんていうのもよくあること。どうしてアラフォー独身男性は、関係を曖昧にしたがるのでしょうか?

1.恋愛を全力で頑張る気になれないから

アラフォー男性たちも、若かりし頃は情熱的な恋愛をしていたものです。しかし、ある程度の年齢になり、酸いも甘いも知ったあとは恋愛を全力で頑張る気にはなかなかなれないもの。これは女性も一緒ですよね。恋愛が第一の若い頃と違い、やはり大切なのは仕事や自分の趣味だったりします。もし、バツイチ子ありの男性の場合は、最も大切なものは子供です。自分の恋愛はおざなりになってしまうので、そういう関係の女性がいても関係を曖昧にしてしまったりするんですね。

2.本気でいい女を選んでいるから

モテるアラフォー男子にはこれが多いかもしれません。いい感じだけど、完全に彼女として扱われないのは、他にも彼女候補がいるからです。ある程度経済力もあり、大人の男の魅力がある男性はモテます。そして、本当に結婚したいと思えるいい女を本気で選んでいる最中なのです。

3.彼女はいらなくてもセックスはしたいから

曖昧な関係をする男性の中には、こんな考えの人もいます。女性的にはショックですが、これが現実。実際彼女を作る気がなくても、セックスをしたいから、いい感じに見せるしデートもする。いわゆる”セフレ”なんですよね。付き合うかどうかを明確にしてしまうと、セックスができなくなってしまうので、曖昧な関係を続けようとします。

まとめ

アラフォー男性の場合、付き合う時に告白する人の方が少ないと言われています。逆に言えば、大人の恋愛は「曖昧な関係」から始まるということ。

1の場合は、恋愛に注ぐ体力がないだけなので女性側がリードしてくれたらうまくいきますし、2の場合は、彼がびっくりするくらいいい女になれればゴールインしたりもします。3の場合は、なかなか難しいですがセフレから本命彼女に昇進する場合も少なくありません。

つまり、関係が曖昧でもそのままうまくいく可能性は十分にあるということです。しかし、それってとっても疲れる恋愛であることに間違いありません。半年以上、友達以上恋人未満な曖昧な関係が続くようだったら、勇気を持って諦めるのも幸せへの第一歩かもしれませんね。