台風が増える季節。雨の日でもおうちで幸せになれるたった1つの方法

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

4a85133e8afe22c2943ef881237ac117_s

夏の終わり。日本列島の南では、来る日も来る日も新しい台風が生まれる季節ですね。当然、雨の日も増えてきます。「台風、最悪!」「雨、嫌い。」と嘆いていませんか? 雨の日も、台風の日も、考え方次第で今すぐにでも幸せになれます。今回は、雨の日も幸せになれるたった1つの方法をお教えします。

「雨が降ったらゆっくりしていい日」と決めておく!

雨=最悪 とネガティブにとらえない

「雨が降ったら、最悪。」と、大体の方は雨をネガティブな要素で考えていると思います。しかし、「雨が降ったらゆっくりしていい日」と決めておけば、雨が降ったらとっても幸せな気持ちになれるんですよ。だって雨が降ったらゆっくり体を休められるんですから。

「今日は雨だから、ゆっくりしていいんだ」と切り替えて

私は実際雨が降る度、こう思うようにしています。雨が降ったら、必ず行かなくてはいけない仕事や用事を除いて、自分の予定はまた後日にリスケします。「今日は雨だから、ゆっくりしていい日なんだ」と気持ちを切り替えてひたすらゴロゴロします。読書をしたり、ネットサーフィンをしたり。ゆっくりする…と決め、普段は出来ないことを思う存分するのです。

仕事が終わったら、無理せず直帰する

雨の日の仕事って憂鬱ですよね。仕事の日も「雨の日はゆっくりする」ことを実行してみてください。具体的には、仕事後に予定を無理に入れず、直帰する。頑張って残業をせずにまっすぐ帰って、アフター5のおうち時間を満喫する。
普段は外食など予定をつめつめにしている人ほど、雨の日はまったりする日にシフトすると心が楽になるかもしれません。

雨のシトシトとした音が、リラックスBGMになる

「雨の日はゆっくりする」と決めておくと、普段は嫌に感じるシトシトと雨が降る音もリラックスBGMに変わります。そんな自然の音を聴きながら、自分のためにホットコーヒーを丁寧にドリップしてみたり。部屋にヨガマットを敷いて、まったりと体をストレッチしてみたり。そうして過ごし方を変えてみるだけで、「雨の日=幸せ」になるんです。

まとめ

「うわ、今日は雨だ…仕事だるいな…まじで最悪」と、朝から雨の日を嘆いていると幸福度がかなり下がりますよね。ここはやはり気の持ちよう。「今日は雨か…。じゃあ、仕事が終わったら直帰して気になってた映画のDVDを見ることにしよう。」と気持ちを切り替えて。そうするだけで、とっても幸福度が高まると思いませんか? おすすめですので、ぜひ心がけてみてくださいね。