結婚適齢期のアラサー女子。結婚したくないっておかしい?

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

結婚したくない女性

世の中にはふんわりと、結婚適齢期というものがあります。その年齢に差し掛かると、周りがどんどん結婚していくのを見てちょっとうらやましく思ったり、また、親からの圧力から自分の生き方がダメなように感じてしまったり・・・。

「でもやっぱり私はまだ結婚したくない!」

という人も多いのではないでしょうか?

これを書いている筆者もそう思う一人です。
結婚したくないと考えてしまう自分はおかしいの? 友達にはあまり聞けない、そんなあなたの気持ちを筆者の周りや筆者自身の経験を元に考えていこうと思います。

1.結婚したくないアラサー女子。その理由とは?

結婚とは、親や兄弟とは別の新たな家庭を築く、ということです。
子供が生まれれば責任をもって育てなければならないですし、双方の親族との関わりも増え、お付き合いの範囲も広がります。もちろん今のような自由は極端に減ることでしょう。独身の頃と比べて、生活環境はガラリと変わってしまいます。

それゆえ「結婚したくない」と言う人は、
『いい年齢なのに子供で自分の好きなことばかりしたい人』
と、マイナスなイメージで捉えられがちですが、果たしてそうでしょうか?

筆者の周りにいる独身の女性は、皆自分のしたいことを心から楽しみ、自分磨きや自分が楽しむことをとても楽しんでいる人が沢山います。

例えば韓国旅行に行ってエステやお買い物を楽しんでいたり、プチプラなエステやネイルサロンを見つけてはピカピカになって帰ってきたり、友達と始めたボルダリングにはまって毎週通っていたり。

そうした彼女達に、結婚に対する意識を聞くと口を揃えてこう言います。

『将来自分は結婚をすると思うけど、まだその準備をしている期間。今は家族を作ることや子育てをする責任を負える人間になる準備をしているところ』と。

2.孫の顔を早く見せることが親孝行?

結婚をして孫の姿を親に見せてあげることは、素敵な親孝行だと思います。
ただ、まだ見極めが出来ない若い時期に結婚したり、周囲に流され焦って結婚した結果、すぐに離婚となってしまっては、逆に親に迷惑をかけたり、悲しませることにつながるかもしれません。

どの親も子供が苦労する姿を見たくはありません。
親が望むのは、子の幸せな姿です。
少し時間がかかっても、あなたが幸せになれる相手と幸せな結婚をし、幸せな姿を見せてあげることのほうが親孝行だと思います。
そのために自分磨きをしつつ、幸せになれる素敵な相手をじっくり探せば良いのではないでしょうか?

3.結婚しないなら自分磨きを忘れずに

「結婚したくないから敢えてしない」と口では言っていても、やはりまだ不安な気持ちや劣等感は拭い切れないかもしれません。

そんなあなたが今日からでも出来ることがあります。

まずは自分磨きのための目標を立ててみましょう。
・仕事で認められる
・見た目の女性らしさを磨く
・大人の振る舞いをできるマナーを身に着ける
・いざという時の為に貯金をする
など何でも構いません。

あなたが女性として成長していくことが大切です。20代、30代、40代と素敵な大人の女性になっていくことは悪いことではありません。

自分の為に、素敵な女性になることを頑張ってみてください。

あなたの成長と共に素敵な男性と出会うことが出来るかもしれません。
あなたが素敵な女性に少しでも近づけることを心から願っています。