【英会話】これさえ言えれば問題ナシ! 英語で簡単な自己紹介

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

Study

「もう少し英語ができれば…」「英語を話したいけど、なにからはじめればいいかわからない…」そんな方は、まず英語で自己紹介が言えるようになりましょう!

自己紹介さえ言えれば、向こうからどんどん会話を弾ませてくれます。

「英語を話せなくて恥ずかしい」なんて思いは捨てて、どんどん自分から英語で自己紹介していきましょう!

英語での自己紹介

英語での自己紹介は、

①最初の挨拶

②名前

③出身地、住んでいる場所

④仕事

⑤趣味

⑥最後の挨拶

という流れが基本的です。一通り自分の自己紹介を作ってしまい、声に出して呼んで覚えてしまいましょう!

①最初の挨拶

Hi!

こんにちは。

Helloより、Hiのほうがよりネイティブらしい挨拶です。

How are you? / How was it going? / How do you do?

今日はどう?元気ですか?

こちらの定番フレーズも、はじめましてや再開のシーンでよく使われるので、

自己紹介の場合もここで入れるのが最もナチュラルです。

②名前

I am Aya Ichinose.

私は一ノ瀬あやです。

My name is…は日本人は使いがちですが、日本人も「私の名前は…」とわざわざ言いませんよね。

ここでもI am…の方が一般的です。海外ではI amも言わずに「Aya」と名前だけで登場する場合も多いです。

③出身地、住んでいる場所

I’m from Tokyo. Born and raised.

東京から来ました。生まれも育ちも東京です。

出身地I’m from~で表します。

生まれた場所が違う場合は、

I was born in Yamanashi, but I grew up in Tokyo.

生まれは山梨ですが、東京で育ちました。

などと言います。

I live in Kanagawa now.

今は神奈川に住んでいます。

そのまま、住んでいる場所も言うといいでしょう。

④仕事

I am a writer.

私はライターです。

I am a designer. 

私はデザイナーです。

I am an office worker.

私は会社員です。

などでもいいですね。

仕事は、動詞を利用できる場合もあるのでこういった言い方もあります。

I teach English.

私は英語を教えています。

⑤趣味

I like watching movies.

私は映画を見るのが好きです。

I like surfing.

私はサーフィンが好きです。

趣味はI like + ~ing(動名詞)が言いやすいでしょう。

⑥最後の挨拶

Nice to meet you.

宜しくお願いします。

「はじめまして」という意味もあるこちらのフレーズは必ず言いましょう。

さらに、

I’m happy to meet you. / I’m glad to meet you.

あなたに会えて嬉しいです。

などと加えると、初対面でもかなりの好印象となります。

まとめ

こうして見ると、ほとんど中学英語レベルですよね。

簡単な英語の自己紹介さえできれば、外国人の友達がたくさん出来ますし、いざ海外旅行!という時でも楽しいですよね。ぜひ積極的に英語で自己紹介してみてくださいね。