上司からのパワハラ…もう耐えられない!パワハラにあった時の対処法

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

パワハラ上司

上司から、嫌がらせをされたり、暴言を吐かれたりする…

「これってパワハラなの?」と不安になることも多いのではないでしょうか?

パワハラは、立派な犯罪です。もしパワハラに合い苦しんでいるのであれば

一人で悩まずに早めに公共の相談機関に相談してみてください。

パワハラの定義

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。

出展:明るい職場応援団

これってパワハラなの?と思ったらパワハラ診断でチェックしてみましょう。

職場のパワーハラスメントチェック

あなたは職場で次のような言動を受けたり、見聞きしたことがありますか?

出展:明るい職場応援団

この一覧で、一つでも当てはまればもうパワハラの可能性があります。

上司からの言動で気になることがあれば、言われたことをメモしたりメールなど文字の残っているツールは保存しておきましょう。

パワハラにあったときはすぐに相談する

もし、パワハラの被害に会ったら、労働委員会や法テラスなど公共の相談機関に相談してみましょう。面接あるいは電話で気軽に相談できるところが多く、相談のみなら無料になりますので、まずは専門家に相談してみることが大切です。

パワハラで困った時に相談できる機関一覧

パワハラによって増加している女性の「うつ病」

うつ病に悩む女性

パワハラに耐え続けストレスがたまってしまい、うつ病やパニック障害などの精神疾患にかかる女性が増えています。パワハラによる過重なストレスが、脳神経を乱してしまうのです。

それ以外にもストレスによる胃潰瘍や頭痛などの心身症につながることもあります。

体を壊してからでは遅いので、パワハラを受けている場合は早めに対処をしましょう。

まとめ

ブラック企業の増加により、パワハラも年々増えています。パワハラは決して我慢する必要のないものです。

少しでも早くパワハラ問題を解決し、快適に仕事できる環境づくりをしていきましょう。