5分でわかる!お金の計算が苦手でもぜったい貯められる貯金のコツ

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

貯金

とにかく貯金をしたい! そうは思っていても、日々の飲み会や女子会で全然お金って貯まらないですよね。やっぱり、新作の服もほしいし…。でも、貯金さえ余分にできたら買い物も旅行も飲み会も、余裕をもってできると思いませんか?

ぜったい貯められる貯金のコツ

1・口座は最低3つ以上もつ

あなたは銀行口座をいくつもっていますか?ひとつでやりくりすると、なかなか貯金はできません。

①給料や生活費の引き落としなどをする普段使い用

②いざとなったときにつかえる貯金用

③ぜったいくずさない定期預金用

と3つの口座に分けましょう。もっと細かく目的別で口座を分けるのも手です。普段使い用、旅行用、買い物用、冠婚葬祭用、外貨預金用、投資用…など、貯金が貯まる人はこうして口座を目的別に分けています。

2・貯金は「必要経費」として天引きする

給料が入ってくる口座ひとつで全てをまかなってしまう人は、残った分を貯金…と思いがちですが、それは実際難しいのが現実ですよね。

なので貯金も「必要経費」として計算して先によけちゃいましょう。「家賃」「携帯代」とおなじ感覚です。先程述べた貯金用口座に、給料が入ったらすぐに移してしまうのです。最近は、銀行によっては給与天引きで貯金してくれる口座もありますよ。

3・クレジットカードとさようならする

止まらない物欲は、クレジットカードを持っていると我慢出来ないことが多いです。ポイントをためたり、きちんと計算できる人ならよいのですが、実際はそうはいかないことが多いですよね。クレジットカードは借金です。借金したら、お金は貯まらないですよね。本気でお金を貯めたいのであれば、まずはクレジットカードとはさようならしましょう。

4・無駄な飲み会は勇気をもって減らす

飲み会での付き合いは大切ですよね。出会いもあるし、仕事がうまくいく上で必要であったり、ストレス解消にもなったりします。でも、本当にすべての飲み会が自分に必要なのかどうか考えてみてください。一度、毎月の飲み会代を計算すると、結構な金額になることがわかるはずです。

本当に必要のある飲み会なのか吟味して、無駄だと思う飲み会は減らしていきましょう。

5・支出だけでも管理をする

家計簿ってめんどくさいですよね。でもめんどくさがると、なかなかお金って貯まらないものです。まずは一ヶ月間、つけてみてください。収支管理は大変であれば、支出だけメモしたり、アプリで書き込んでみてください。そうすると、どこにお金を使いすぎているのかが客観的に見えてきます。自分の支出のくせをしることが、貯金への近道なんですよ。

まとめ

いかがでしたか?貯金は、なかなか出来ないことも多いですよね。でも、不況な今だからこそ貯金があると心に余裕が持てるはず。まずは今回紹介した貯金のコツを実践してみてください。