「また結婚式…」アラサーなら経験するご祝儀貧乏から抜け出すコツ

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

08895769a3caf8412a71e672e94768c4_s

帰宅して、ポストを開けるとまた結婚式の招待状が…。アラサーにもなると、まわりの結婚式の嵐がとどまることを知りませんよね。では一体どうしたらいいのでしょうか?

結婚式の嵐でご祝儀貧乏…

98dee6c2ac7de1c114cf0b30d3581464_s

アラサーであれば、誰しもがぶち当たるこのご祝儀貧乏。結婚はめでたいけど、毎月のように結婚式に出席していたら、包むご祝儀でなぜか貧乏に…ということは本当によくあります。では、一体どうしたらいいのか、誰もが悩んでしまいますよね。今回はご祝儀貧乏にならないためのコツをお教えします。

本当に、その結婚式に出席する必要があるか考えてみる

大人なら、冠婚葬祭の経費を削るのはあまり良くありませんよね。でも、本当にその結婚式に出席する必要があるかもう一度考えてみたほうがいいかももしれません。あなたがいつか結婚式をしたとき、本当に呼びたいと思っている相手ですか? そうでないなら、無理に出席する必要はありません。

二次会のみ出席するのも手

26995fe036cfebf2b9b767323eae93c4_s

上に述べたように、もし自分にとってすごく大切な友人ではない限り、無理して結婚式に出席する必要はありません。ですが、仕事上お付き合いのある方だったり、お祝いしたい気持ちがあるのであれば「二次会には出席します」という意思提示をするといいかもしれません。もし、二次会を開催しないようであればお祝いだけ送れば良いですし、二次会だけでも参加してくれたら、もし自分が逆の立場でも嬉しいですよね。

冠婚葬祭用の貯金をしておく

本当に大事な友人以外、出席する必要はありませんが、やはりそれでも出席したい結婚式が続く時もありますよね。なので、アラサーになったらある程度冠婚葬祭用の貯金はしておくべきです。結婚式が続いてから焦るのではなく、いつでもお祝いができる余裕があるに越したことはありません。結婚式以外でも、何かあるとやはりお金がかかるのはつきものですから、「ご祝儀貧乏」にならないよう、あらかじめお金は用意しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 結婚式はとってもHAPPYなはずなのに、お金がないから苦しい思いをするのは嫌ですよね。出席する必要があるのか見極めて、出席する時は余裕をもってお包みできるように、日頃から準備をしておきたいものです。