結婚式の招待状が届いたら?これだけは知っておきたい返信のマナー

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

結婚式

友人や親族から、結婚式の招待状が届いた時、きちんとした返信マナーを守れているでしょうか?

大人の常識として、是非とも知っておきたい結婚式の招待状の返信マナー。案外、これまで適当に返信していたなんて方も中にはおられるかも知れません。

そこで今回は、素敵な大人の女性として最低限知っておきたい、結婚式の招待状の返信マナーについてご紹介したいと思います。

返信用ハガキの宛名の敬称を変更する場合は?

返信用ハガキの宛名には、結婚式に招待する側の名前を書きます。最近では、そのハガキを出した友人や親族の名前が、宛名としてすでに印刷されてある場合がほとんどですが、その時の宛名の敬称を変更するのを忘れないようにしましょう。

一般的に、宛名の最後には「行」や「宛」などと記されていますが、それらの文字を「様」に変更しましょう。

いつもの様に2本線でピピッと消すのは、縁起の点であまりよくありません。そのため、出来れば「寿」という文字を「行」などの文字の上に書いて、印刷されている文字を消すようにしましょう。

返信ハガキの返事はどうすればいいの?

招待状

結婚式への出席が可能か、それとも欠席かを問うハガキですが、どちらか一方をただ○で囲むだけでは非常識!大人の女性なら、ちゃんと一言添えてお返事をしましょう。

出席である場合には、出席の文字の最初と最後に「喜んで、(出席)させて頂きます」という文字を付け加えましょう。

その時に、「御」の文字を「寿」の文字で消すのを忘れないようにしましょう。また、一言だけでも、結婚を祝う心からのお祝いの言葉を添えると、さらに良いでしょう。

もしも出席できない場合の返信の仕方とは?

もしも結婚式に出席できない場合においては、出来る限り早く返信をしましょう。出席できるかどうか分からない場合には、いつ頃までに返事ができるかを相手側に伝えて、きちんとその約束を守るようにしましょう。

出席できない場合においても、結婚を祝うメッセージは忘れずに記しましょう。その後、なぜ出席できないのか理由を一言添えて、出席できないことへの侘びを記しましょう。

事故などの不幸な出来事のため出席できない場合は、理由をはっきり記す必要はありません。そのため、「一身上の都合のため」などの言葉を添えると良いでしょう。

まとめ

結婚式の招待状が届いたら、なるべく早く、1週間以内には返信するように心掛けましょう。また、自分が出席できないからと代理人を立てたり、その他の家族や友人を誘って結婚式に参加するのは、日本国内では非常識とされています。

自分が招待する側の立場に立って考えれば、自然と分かるマナーもあるでしょう。結婚式に招待してくれる友人や会社の同僚、親族らなどとこれからも良い関係を保ち続けるためにも、きちんと返信マナーを守るようにしたいものですね!