恋がしたい女子集まれ!冬に恋がしたくなる<極上>恋愛映画3選

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク

カップル

少しづつ町を吹き抜ける風が冷たくなってくると、人恋しくなる冬の季節が到来します。ふと町を見渡せば、いつしか周りはカップルばかり。

独り身の気ままさや自由さが居心地良すぎて、恋することをさぼっていると、いつしかそんな寂しい状況に陥っているかも知れませんよ!

そこで今回は、寒い冬だからこそアツい恋がしたくなる、そんな恋愛映画3選をご紹介したいと思います。

『ラブ・アクチュアリー』(2003年)

クリスマス一色となったロンドンを舞台に、9つのストーリーが交差します。実は、男女の間の恋愛だけではなく、家族愛や兄弟愛、人間愛といった全ての愛がミックスされているこの映画。

切ない恋もあれば、思わず「頑張れ!」と応援したくなる恋もあります。そして最後には、ハッピーな恋といっぱいの愛情で心があったかくなる、そんな映画がこの『ラブ・アクチュアリー』なのです。

見終わった後は、恋をしたくなるのはもちろん、とにかく誰かに優しくしたくなる、かも知れませんね。

『エターナル・サンシャイン』(2004年)

ニューヨークが舞台の切ないながらも、一筋縄ではいかないラブ・ストーリーがこちら。平凡な男であるジョエルは、思いつきで駅を降り、ニューヨークの東にあるモントークの海岸でクレメンタインというミステリアスな女性に出会います。

惹かれ合う二人はやがて恋人同士となりますが、正反対の二人は時として上手くいかないことも。

喧嘩した後、ジョエルは仲直りのためにプレゼントを持って彼女の職場を訪れますが、どうやらクレメンタインは、ジョエルのことを自分の記憶から消してしまったようで…。

怪しげな人物が登場したり、時間軸がメチャクチャの混沌とした記憶が入り混じったりで、観ていてハラハラするラブ・ストーリーですが、見終わった後はジーンと胸に沁みる、そんな映画となっています。

『セレンディピティ』(2001年)

クリスマス前のニューヨーク。運命に導かれたかのように出会ったジョナサンとサラは、お互いに惹かれあいます。

ですが、これが本当に運命の恋であるのか試そうと、二人は別れ、そしてサラは小さな賭けをすることにします。

ロマンチックなニューヨークの冬の景色にうっとりしながら、二人の恋の行方にドキドキすること間違いなしのこの映画。

見終わった後は、自分だけの運命の恋を見つけに行きたくなってしまう、そんな映画かも知れませんね。

まとめ

恋をしたくなると共に、ちょっぴりノスタルジックな気分に浸れる、冬におすすめな恋愛映画3選をご紹介しました。

恋愛映画鑑賞で恋愛スイッチがオンになったら、後は行動あるのみです!映画にも負けない恋を探しに、出掛けてみるのも良いかも知れませんね。